Nick'97

自分が気になったことを書いていきます。

YouTuberヒカル─VALU騒動を受けての謝罪動画を公開

YouTuberヒカルさんが謝罪動画を出したのでその内容とちょっと感想。

謝罪動画

 

全員スーツに黒髪という真面目な見た目。ラファエルさんはメガネとマスクをしていたものの、これはしょうがないか。でも、仮面がなかったら誰かわからないので、自己紹介くらい先にした方がよかったと思う。

 

VALU事件については「認識不足」で終始一貫。

今まで隠していたこと(?)は、VALU側がヒカルたちに働きかけて始まった企画とのこと。企業側に迷惑をかけたくなかったから、黙っていたということなのか。

売り抜けについては、VALUのサービス内でできることをしているだけだったので、悪いことだとは思わなかったと。最後に利益を得て、その最終的な利益を「視聴者からの支援金」として企画で発表するつもりだったとか。犯罪行為や騙す行為という認識はなかった。

株主優待については、「(VAZ元顧問である)井川さんが初期の設定時に載せたもので〜」とのこと。本人はいたって純粋に取引をしているつもりだった?

 

疑問点:VALUが働きかけた企画だったが、その企画内容についてはVALUは認識していなかったのか。

 

ツイッターでの「損する側に回っただけですよ」等の煽り発言について。

本人は、本気で犯罪行為をしていないという認識だったので、無駄に煽ってしまったらしい。犯罪行為でなくとも大損害を被らせてしまった人に対してそれはおかしいでしょ。

 

こうして謝罪動画を撮ることになったのは、身内や仲間に迷惑がかかり、それに耐えきれなくなったから。また、ファンの信じる声に応えられずもどかしかったと。

 

ヒカルは最後に「無期限の活動休止」を発表。具体的にヒカルだけなのか、動画に出ていた3人だけなのかはよくわからず。

VAZのプレスリリースを見ると、怪盗ピンキー、かす、禁断ボーイズ、ヒカル、ラファエルが期限未定の活動休止とのこと。(オッドアイは1ヶ月後に活動再開とツイッターで発表。(その後削除?(削除したのは、公表してはいけない情報だった?→炎上が落ち着いたら活動再開?)))

ここが意味不明。ヒカル、いっくん、ラファエルの活動休止なら納得だが、他の人は迷惑を被っただけ。ピンキーもアンチを煽ったものの、活動休止するほど深刻ではなかったし、かすにも迷惑がかかる。禁断ボーイズも、残りの3人がただただかわいそうなだけ。

そもそもいっくんも、半ば無理やりやらされたのかもしれず、同じ責任を取らせるのは違う気がする。ヒカルの企画であるなら、彼が主導権を持っていたのなら、多少は自粛内容に差をつけても良いのでは?

 

ネクストステージに関するものであるかは不明だが)流出したマニュアルによると、一定の沈黙期間を経たのち、活動再開をするとかしないとか。

これが本当だとしたら、また炎上するのは間違いない。

 

追記:ヒカルが同日23:59に、ツイッター上で「いつか帰ってくる」と発言。謝罪動画は謝罪ではなく、騒動の沈静化のためでしかなかったのか。(現在ツイートは削除済み)

 

Jアラートを批判してる場合か、もっと危機意識を

先日、北朝鮮が日本の沖に向かってミサイルを発射した。それに伴い、Jアラートが北日本の広範囲で鳴り響いたというが、それに対してなぜ不満があるのか。

 

Jアラートがなっても逃げる場所がない・時間がない

だからなんだ。与えられた時間を使い、できる限りの努力をするべきだ。建物の中に入るか、遮蔽物の陰に隠れれば良い。とにかく最善の策を見つけ、それを実行に移す。それだけで生存率があがるのが分からないのか。

あなたがいるその真上が爆心地だったら仕方がない。どこに逃げても結果はあまり変わらないだろう。残念ながら運が悪かったということだ。ただ、それが「Jアラートを鳴らしても意味がない」という理由にはならない。逃げる場所がないということも同様、意味がないという理由にはなり得ない。それが他の人の命を救う可能性が少しでもあるならば、積極的に鳴らすべきだ。

Jアラートはどちらかというと、爆心地から少し離れた人にとっての方が重要だ。衝撃波から身を守ったり、飛んでくる破片から身を守るには警告が必要だ。例えば、爆発時に、窓際にいるのと、布団に潜っていたのでは、怪我のリスクは断然に違う。これが何分あればできるだろうか。これだけだったら4分あれば十分すぎる。その短い時間でも、命を守れる可能性のある人が大勢いることを知ってほしい。

「もし広野で散歩していたらどうするのか」という意見をツイッターで見かけたが、どうしようもない。どこまで自己中心的な意見なんだ。Jアラートはその人のためだけにあるわけではない。命を守れる可能性を高められる大勢の人に向けて発信されている。

 

政府は全て把握していたのになぜ警報を鳴らしたのか

本当に全て把握しているわけがない。ミサイルが完璧でなかったら、部品が落ちて来たら、途中で空中爆発が起きたら、日本に落ちてくる可能性は十分あるだろう。

なぜそんな単純なことが分からないのか。

「わざと危機感を煽った」という意見があるが、危機感を持たない方がおかしいのが分からないのか。可能性が少しでもあるなら、市民に警告しなければならない。死んでからでは遅い。

 

まとめ

Jアラートは万人に意味があるわけではない。ただ、1人でもJアラートがあることによって助かるならば、鳴らす意味は大きい。

今回の状況において、Jアラートを鳴らしたことを批判するのは全くの論外。平和ボケしてる場合ではないことを認識すべきだ。

日本の風潮はおかしい。私は現在海外にいるが、私の先生は真っ先に日本にいる家族のことを気にかけてくれた。日本人より外国人の方が危機意識が大きい。もっと危機感を持ってもいいだろう。

あいうえお作文で自己紹介

あいうえお作文で自己紹介をしてみよう!ということで相変わらずやっているわけなんですが、今回が初めてということで相変わらずではございません。

では早速いってみましょー!

 

あやしい商売に興味がある

いつか億貯金欲しい

うるさい人が嫌い

えいぎょうしょくとかは嫌だ

おいしい寿司が食べたい

 

かんこくごに興味があったり

きりざきえいじのやりかたが嫌いだったり

くつが幼め

けんきゅうしょくもきつそうだと思う

こくごが大の苦手

 

さいきん勉強する気が起きない

しごとがもらえるか心配

すうがくが得意

せいせきよさげ

そうじが苦手

 

たびをしてみたい

ちきゅう一周も良さそう

つきには生きたくない派

てろが最近心配

ともだちが少なくて寂しい

 

なにか新しいことを始めたい

にんにくを最近食べていない

ぬってあんまり使わないよね

ねこが好き!

のっち派(Perfume

 

はらだたいぞうさんは面白い

ひみつとかない

ふしぎな人だとよく言われる

へんじんってことですね

ほしいものは充実

 

まっくすむらいは本当は面白い人なんじゃないかと思ってる

みずニャン系YouTuberは精神保てるのがすごいと思う

むずかしい問題にぶち当たった時は目をそらしがち

めが最近悪くなってきている

もりとかジャングルとか入れない

 

やきゅうが好き

ゆめはプロ野球選手だった

ようちえんとか小学校とかの記憶がほとんどない

 

らいおんずファン

りんごジュースとコーラのミックスはおいしいらしいけど怖くて手が出ない

るいーじと言う名のアインシュタインみたいな髪型の先生が学校にいる

れたすを買うのはいいもののすぐ使えずに変色させてしまいがち

ろうにんの概念が田舎ではひどいらしい

 

わたしの自己紹介でした

 

というわけで自己紹介が終わったんですけれどもー、いかがだったでしょうか。結構思いつくのに苦労した字とかあったり。自己紹介という趣旨から外れていたり。

ブログネタがない時は皆さんもやって見てはいかがでしょうか。自己紹介ってだけでなく、毎回違うテーマでやってみると面白いかもですね。これをやる利点としては、頭を活性化させる、しりとりの選択肢が増える、とかそんなところでしょうか。んー、意味がなさそうですね。

もしくは!ブログネタをあいうえお作文で書き出してみると、一石二鳥だったりしますかね。今度はそれやってみようと思います。

 

安倍帰れコール〜新しい放送法を考えて

先日行われた都議選において、さまざまなメディアが「偏見報道」をしたと批判されています。

特に顕著だったのが、秋葉原での安倍首相の応援演説でのこと。安倍首相の演説が始まるや否や、演説を聞いていた「一部」の人々が「安倍帰れコール」をしていたというのです。

この「一部」というのは、いろいろな説がありますが、聴衆の5%前後、良くても10%に満たないほどです。

ここで問題になっているのは、メディアの「切り取り」。この5%の一部の声を、「大合唱」などの表現を使い、まるで聴衆のほとんどが反安倍コールをしたかのように報道しました。画面に捕らえられたのもほぼ反対勢力で、一部の声を、あたかもその一部の声が国民の声であるかのような報道を行いました。

本来なら、「安倍首相の演説にはたくさんの人々が集まりましたが、一部からは『安倍帰れコール』が起こりました。」このくらいの報道なら半々なわけじゃないですか。むしろ、中立、または安倍首相応援派の方が多かったわけですから、これでも切り取りしすぎなくらいです。

この時点で「偏見報道」とされても、反論の余地はないと思いますが、放送法を厳密に定め、偏見報道をするメディアを徹底排除、または、厳密に定められた法に則った取り締まりの徹底が必要です。

でも実際は難しいでしょう。放送法改定案なるものが出された場合、結果は目に見えています。「表現の自由の侵害」や「メディアコントロール」などの言葉を利用し、さらなる偏見報道を行います。野党も当然のように便乗し、国民に負の感情を植えつけます。やがて、支持率が下がり、法整備もままならず、政権交代です。違う政権でも同じことが起こります。メディアは、反権力精神を国民に植えつけ、政府を引きずり落とします。また政権交代

日本の経済が弱い理由はなんでしょう。短期政権に他なりません。まとまった経済政策も実行できず、結果が見える前に首相がやめ、新たな首相が現れては、また消され。

日本の報道は、左翼的じゃないと視聴率が取れないのでしょうか。なんでこんなに一様なんでしょう。企業スポンサーもどうかしてるんじゃないですか。中立な報道だけを援助すればいいのに。

そろそろ国民も世代交代です。テレビ<ネットが完全に成立する時代がやって来ます。今ならまだ大丈夫です、たぶん。信用を完全に失う前に、中立な報道を取り戻しましょう。誰もテレビを見なくなる前に。