Nick'97

自分が気になったことを書いていきます。

安倍政権を終わらせる方法

この話題は誰もが知りたいだろう。この記事は誰もが読みたいだろう。
タイトルを見てそう思ったあなた、おかしいです。民意とあなたの意見は違います。あなたの友達があなたと同じ意見を持っていたとしても、それはあなたとあなたの友達の意見であり、国民全体の意見ではありません。これは他のことにも言えます。

この記事では安倍政権を終わらせる、内閣倒閣をする具体的方法を考えます。

また、総辞職に追い込めない方法もまとめたのでぜひ見てください。

f:id:nick97:20180419214400j:plain

内閣総辞職に追い込む方法

1. 野党が民意を得る:難易度☆☆☆☆☆...

これが一番正しい政治の在り方だと確信しています。

民意を得たければまともなことをするのです。例えば「ヤジを飛ばす」「内閣の不祥事を探す」・・・。これがまともだと思いましたか?一番レベルの低いことですね。

まともなことというのは、政権よりまともな公約を掲げる。その公約が実行される、と確信を持ってもらえるような信頼を得る。そのために、普段から「人間的」にもまともであること。

これの欠点は、これが一番難しいということですよね。数ある汚職、セクハラ等、はっきり言って現野党が政権とっても同じじゃない?と思われないようにしなければなりませんね!

あと見当違いな発言を減らせるようにした方が良いと思います。これはアドバイスです。

 

2. 安倍首相が「直接」、森友学園加計学園等の問題に関わった「証拠」を出す:難易度:☆☆☆☆

まず直接の部分。これはなぜ間接ではいけないかというと、間接だと証拠としては弱いからでしょうか。何かクッションを挟むということは、そのクッションが確実であることが証明されなければ、安倍首相の関与も曖昧になってしまうからです。もちろん間接部分が確実になれば確実な証拠にはなりますが。

「証拠」を出すというところですが、これがなかなかできませんね。「悪魔の証明」はご存知でしょうか?では「疑わしきは罰せず」はどうでしょう?

悪魔の証明」というのは「なかったことを証明するのは不可能に近い」ということです。例えば安倍首相が森友学園に「関わっていなかったこと」を証明することは、安倍首相の言動を24時間体制で監視できていない限り不可能です。さらに「関わっていないことが証明できない」というのは決して「関わった」ということにはなりません。下に例を挙げます。

例えば「赤いカラスが存在する」という主張を考える。これを証明するには、赤いカラスを1羽でもいいから捕まえて来ればよい。一方、これを反証するには、すなわち「赤いカラスが存在しない」ということを証明するには、世界中のカラスを調べて赤いカラスが1羽もいないことを確認しなければならない。捕まえれば終わる前者に対し、後者は現実的に不可能である。「赤いカラスは存在しない」という当たり前とも思える命題を証明するのは事実上不可能なのである。これは悪魔の証明の一種である。

悪魔の証明 - Wikipedia

「存在しない証明ができない」ので「赤いカラスは存在する」となりますか?なりませんよね?そういうことです。

なので、裁判などでは被告人が「やっていないこと」を証明することは通常、求められません。

「疑わしきは罰せず」については以下の通りです。

刑事訴訟法336条が、「被告事件が罪とならないとき、又は被告事件について犯罪の証明がないときは、判決無罪の言渡をしなければならない」と定めている。

疑わしきは罰せず - Wikipedia

 そう。安倍首相が自白するか、他者が関わったという証拠を出さない限り、先の理由からいくら怪しくても、安倍首相の関与は「疑わしい」だけで「関わった」ということにはなりません。その場合安倍首相は罰せられるべきではない、すなわち辞職するべきではありません。

 

3. もうありません。頑張ってください。

まだあると思いましたか?次の項目をご覧ください。

 

総辞職に追い込めない方法

1. 国会で喚き散らす

この方法で得られるのは良くても自白です。

ただ関与していなかったらどうなりますか?時間を無駄にすることにしかなりません。

もし関与していたとするのならどうでしょうか。関与しているのなら、どこかに決定的な証拠があるはずです。その証拠がなければ、例え関与していたとしても、それを証明することができない、つまり退陣させることはできないからです。

なので証拠を探しましょう。いいですか。証拠です。証拠を示せば一瞬でこの件は終わります。時間も、そしてそれはそれは貴重な税金も少し足りとも無駄にすることはありません。

今野党がやっていることは「時間を無駄にすること」と「お金を無駄にすること」です。自白が得られる様子は微塵も見られないのだから、国会でモリカケモリカケ言ってないで証拠を見つけてから国会に持ってきてください。モリカケが例え不祥事だったとしても、あなたたちの無駄にしてるお金の方がよっぽど無駄ですよ。

 

2. 大臣・その部下の不祥事を探す

どうせ任命責任とでも言うと思いますが、首相が任命する人の素性を全て知っているとでも思いますか。第一議員を選んでいるのも国民なのであの首相を選んだあなたにも、この首相を選んだあなたも、投票責任があるのかもしれませんねぇ。

部下の不祥事を大臣に求めるのも良くないですね。管轄する省庁の管理が行き届いてないと言っても、そんな毎回不祥事が起こるたびに大臣を変えていたらその省庁の改善すらままならないかもしれませんね。第一、部下のプライベートの不祥事だって絶対麻生大臣関係ないじゃん。

 

3. その他いろいろ

退陣に追い込みたいですか?内閣総辞職に追い込む方法の1か2をやってください。それ以外は、責任のなすりつけ、税金の無駄遣い、だいたいそういうものに帰着します。本当にやめさせたいなら他の方法を探す前に証拠探しをよろしくお願いします。

 

あとがき

疲れました。