Nick'97

自分が気になったことを書いていきます。

全ての人間は同じ色です。

全ての人間は同じ色です。これはまぎれもない事実です。

数学的帰納法によって「全ての人間は同じ色である」ということを証明します。

 

 

まず人間が一人いるとします。

一人だけいる場合、そこには一色しかないので命題は成り立ちます。

 

n人の組があったとき、彼らの色が同じだと仮定します。

(n+1)人の組があるとします。

(n+1)人の中からAさんという人を外します。

すると、n人の組ができるので、仮定より彼らの色は同じです。

Aさんを元に戻してあげて、今度はBさんを外します。

これまたn人の組が出来上がるので、彼らは同じ色なのです。

これで(n+1)人の組はAさん、Bさんも含めてみーんな同じ色だということがわかりました。

n人で成り立つとき、(n+1)人で成り立ちます。

 

すでに一人の時に成り立つのがわかったいるので、二人の時も、三人の時も、何人の時でもこの命題は正しいのです。数学的帰納法により「全ての人間は同じ色である」ということが証明されました。

 

 

 

ですが・・・

この世界そうもいきません。

世界には肌の色が違う人たちがいっぱいいます。同じ日本人でも色々な肌の色の人がいます。

 

この数学的帰納法は有名な話です。調べる前に何が間違っているのか考えてみましょう。

「色の定義が曖昧なのか」「数学的帰納法は不完全なのか」「証明が間違っているのか(もしそうであればどこで間違えているのか)」

さあ、皆さんはどれが正解だと思いますか?

 

 

数学のおすすめの書籍

数学の秘密の本棚 [ イアン・ステュアート ]

価格:2,052円
(2018/3/8 20:53時点)
感想(3件)